東横線・みなとみらい線・相鉄線・ブルーライン・グリーンラインで物件をお探しなら「リビングファースト」

横浜で不動産をお探しなら「リビングファースト」

ログイン

アクセス

・・・【営業担当者】・・・

通常、【不動産会社】にお問い合せをされると、【不動産会社】の営業担当者から連絡がきます。
実は、その【担当】なるものは、お客様の希望エリアや、戸建かマンションか?
あるいは購入か売却か?というようなお客様側の要望事や専門性で決定してはおりません。
通常、単なる会社内の順番で【担当】が決まります。
若手、年配、新人、ベテランを問わず、会社内の便宜上の都合で【担当】が決まっているのです。
会社側は、スタッフに営業歩合を稼いで貰う機会を均等に与えるため、
より公平になるよう順番でお客様に【担当】を付けます。

また、営業スタッフの競争意識を高めるため、各社ローカルルールも存在します。
いちばん先に問合せ電話を取ったから。休日出勤したから。
その営業スタッフが撮影した物件の問合せだから。
このような理由で【お客様担当】になります。これもやはり会社都合です。

営業スタッフは、ご条件を伺い、提供する物件情報を、
会社の物件棚や不動産専門サイトから検索します。
一連の作業なので人によって特段に差はありません。
お客様からご条件を伺えば、物件は誰でも一様に提供できます。
しかし、問題は、そのスキル。感性やコミュニケーション能力です。

運が良ければ、素晴らしい人間性と不動産スキルを持ち併せたスタッフが【担当者】になり、
運が悪ければ1か月前まで、異業種に従事していた新人が【担当者】になります。
問い合わせのタイミングが良ければ、お客様にとっては感じの良い【担当者】が付き、
タイミングが悪ければ理解力の乏しい感じの悪い【担当者】。

とうぜん人には、相性もあります。
そして、たとえ相性が合わなくても、会社を変えない限りは、けっして【担当者】は変わりません。
社内に特筆すべき能力のある【担当者】が他に居たとしても。
お客様のお家探しの鍵を握るのは、【不動産会社】ではなく、その【営業担当者】なのです。
誰にあたるのか?どんな人柄なのか?がとても肝になります。

代表略歴

代表取締役 杉山忍

平成9年2月 
株式会社横浜住販(現:株式会社東宝ハウス横浜)入社
平成10年5月
同社課長着任
平成14年2月
同社次長着任
平成18年5月
同社代表取締役社長就任
平成22年度
同社最高利益率を達成
平成26年11月
株式会社リビングファースト 創業
平成27年4月
横浜市楠町16-1にオフィス開設
平成29年4月
横浜市都筑区茅ヶ崎中央15-2にオフィス移転